便意を催すツボ・手

【便意を催すツボ】トイレでも押せる、手の4つのツボ

弱った内臓の回復を助けてくれる、

 

ツボ押し。

 

 

心や体に疲労があると、

 

神経に負担がかかります。

 

 

神経の不調により、

 

内臓にも影響が出てくるんですね。

 

 

ツボは神経が密集している所なので、

 

ツボを押すことで、

 

神経の働きがよくなります。

 

 

特に胃腸は自律神経の不調が真っ先に影響してくるので、

 

便秘にツボ押しは有効だと思われます。

 

 

便意を催す手のツボ

 

便意を催してくれる効果のあるツボ4つをご紹介していきます。

 

合谷

 

親指と人差し指の、

 

骨が交わるところです。

 

 

このツボは便秘をはじめ、

 

頭痛・肩こり・目の疲れ・耳鳴りや不眠などにも効果があり、

 

「万能のツボ」と言われています。

 

神門

 

小指からまっすぐ下に下ろした手首の付け根、

 

骨と筋の間のくぼみ部分です。

 

 

ストレスからくる自律神経の不調を整え、

 

副交感神経が活発になることにより、

 

腸が動きやすくなります。

 

 

間使

 

手首の付け根の横じわから、

 

指4本分離れた部分、

 

筋の間にあります。

 

 

腸のぜんどう運動(便を肛門まで運ぶ運動)が活発になり、

 

便秘解消の即効性が期待できます。

 

支溝

 

手の甲を上にした状態で、

 

手首付け根から指4本分下にあります。

 

 

支溝は「便秘の名穴」と言われるほど、

 

あらゆる便秘に効果的なツボです。

 

 

 

図や文字で説明するより、

 

実際に押すところを、

 

動画で見るほうが分かりやすいかと思うので、

 

以下の動画を参考にされて下さい。

 

 

ツボ押しの注意点

 

妊娠中
ツボ付近に怪我などある場合
飲酒中、飲酒後30分
手術後

 

など、

 

普段と体調が違うときは、

 

ツボ押しを控えてください。

 

 

また、

 

1日3〜5回、

 

毎日継続して押すことで効果があります

 

手のツボであれば、

 

いつでもどこでも気づいたときに気軽にやってみるといいですね。

 

 

また、ツボ押しで効果が感じられるのは、

 

比較的軽い便秘の方です。

 

頑固な便秘でお悩みの方、

 

ツボ押しと合わせて、

 

こちらの記事もよかったらご参考に(^^)

 

⇒効果を実感した便秘解消&快便方法


関連ページ

【便意を催すツボ】もうひと踏ん張りを助ける足の3つのツボ
便意を催すツボは、足にもあります。 もうひと踏ん張りを助ける足のツボをご紹介します。
これだけは押さえておきたい!【便秘解消の3大即効ツボ】
便秘解消に効くツボは、足や手などにも存在しますが、即効性を期待するなら、この3ヶ所のツボを毎朝押してみて下さい。トレイでも出来るので、習慣化に最適です