便秘解消・ヨーグルト

便秘解消にヨーグルトをおすすめしない、致命的な2つの理由

便秘解消に良い食べ物と言えば、

 

食物繊維と並んで挙げられるのが、

 

ヨーグルト。

 

 

「腸まで届く、乳酸菌」

 

なんてうたい文句でCMでもヨーグルトが宣伝されていますね。

 

 

あなたも便秘解消効果を期待して、

 

ヨーグルトを一生懸命食べたことがあるかもしれません。

 

 

でも実は、便秘対策・便秘解消にヨーグルトは不十分です。

 

いや、むしろ腸が荒れているかもしれません

 

 

便秘解消にヨーグルトをおすすめしない2つの理由について、

 

今回はお伝えしていこうと思います。

 

 

理由@動物性乳酸菌は腸まで届かない

 

 

ヨーグルトが便秘解消に効果があるといわれる理由は、

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を良くするためです。

 

 

が、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、動物性乳酸菌であり、

 

動物性乳酸菌は胃酸で死滅しやすく、

 

生きて腸まで届かないんです。

 

 

「腸まで届く乳酸菌て、CMでやってるじゃん!」

 

 

と思う方もいると思いますが、

 

 

この「腸まで届く」乳酸菌というのは、

 

実は培養されたエリートの一種類の乳酸菌のみであることがほとんど。

 

 

しかも、

 

すでに無数の菌が住む腸に届いたところで、

 

定着する隙がありません

 

 

それでも善玉菌のえさとなるため、

 

無意味になることはないのですが、

 

次にご紹介する2つ目の理由から、

 

ヨーグルトはおすすめしません。

 

 

理由A日本人の75%はヨーグルトで腸が荒れる

 

実は日本人の75%は「乳糖不耐症」と言って、

 

乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素を持っていません

 

 

乳糖不耐症の人はヨーグルトを食べても、

 

乳糖を充分に分解することが出来ません。

 

 

そのため小腸で吸収されず大腸まで流れ、

 

腸内細菌によって酸やガスを発生させ、

 

腸が過剰に収縮を起こし、

 

 

 

下痢や腹痛を起こします

 

 

「便秘が解消されれば下痢でもかまわない」

 

という方もいるかもしれませんが、

 

下痢になってしまえば、

 

ヨーグルトと一緒に腸内の良い働きをする菌まで流されてしまいます

 

 

すると結果的に腸内環境は悪くなり、

 

便秘が起こりやすくなります。

 

 

日本人は昔から乳製品をあまりとらない人種だったため、

 

多くの日本人の腸にヨーグルトは合わないんですね。

 

ヨーグルトを食べている人の腸相は悪い

 

と書かれている本もあるぐらいです。

 

 

やはり乳酸菌を取るなら、

 

納豆や味噌・醤油やぬか漬けなど、

 

発酵食品を多く含む日本食が効果的です。

 

最後に

 

便秘解消にヨーグルトをおすすめしない理由、

 

いかがだったでしょうか?

 

 

今回ヨーグルトをおすすめしない内容を書きましたが、

 

あなたが乳糖不耐症ではない場合もありますし、

 

また
ヨーグルトが好きであるなら、

 

我慢のストレスも便秘に影響しますから、

 

美味しく食べる分には問題ありません。

 

 

「便秘にはヨーグルトがいい」

 

という情報だけで、

 

便秘解消のために頑張って食べる食べ物としては、

 

おすすめ出来ないということをお伝えしたかったんです。

 

 

じゃあ便秘解消にいい食べ物って何?

 

 

という話ですが、

 

便秘解消にいい食べ物や生活習慣について、

 

こちらの記事で詳しく書いているので、

 

効果を実感した便秘解消&快便方法

 

よかったらご参考にして下さい(^^)