便秘でお腹パンパン・マッサージ

便秘でパンパンのお腹に効く【10分ごろ寝マッサージ】

便秘で何日もスッキリ出来ず、

 

お腹がパンパン・・・

 

 

食べ過ぎてるわけでもないのに、

 

まるで妊婦のようにお腹が膨らんでいる、

 

なんて方もいるかもしれません。

 

 

便秘でお腹がパンパンになるのは、

 

排泄されず溜まった便だけでなく、

 

何日も腸にとどまっている便から出る腐敗ガスも原因となります。

 

放っておくと恐ろしい事態にも・・・

 

 

便秘でお腹がパンパンだと、

 

お腹が張って苦しいだけでなく、

 

放っておくともっと恐ろしい事態にもなりかねません

 

 

それが、

 

大腸憩室」です。

 

これは、ガスで腸壁が風船のように外に向かってふくらみ、

 

小さな部屋が出来てしまうもの。

 

 

ここに便がつまると炎症を起こし、

 

腹膜炎や腸閉塞などの病気になる恐れもあります

 

 

これらの病気を発症してしまうと、

 

最悪、腸が破れて大出血

 

死に至るケースもあるんです

 

便秘が原因で死亡・・・腸閉塞(腸閉塞)で命の危険!

 

便秘って、決して甘く見てはいけないんですね・・・

 

 

ここまでの事態にならなくても、

 

たまった便の成分を腸が吸収し始めてしまい、

 

便の成分(毒素)が血液にのって全身に回ります。

 

 

その結果、
血流が悪くなることで頭痛や腰痛

 

免疫も低下して外からの細菌やウイルスに感染しやすくなり、

 

風邪をはじめとする様々な病気にかかりやすくなります

 

 

また、

 

便の成分が毛穴から排出されれば体臭に、

 

肺から排出されれば口臭となります。

 

便の成分を含んでいるので、

 

体臭や口臭がどことなくうんちの臭い

 

なんて事態にも・・・

 

 

さらに、

 

最近では便秘とうつ病との関連も指摘されています。

 

【便秘でイライラ】腸内のセロトニン不足でうつ病の危険も

 

便秘でパンパンのお腹に効く超簡単マッサージ

 

ここまで書いたように、

 

健康のためにも、

 

エチケットのためにも便秘は出来るだけ早く解消したいところ。

 

もちろん腸内環境を良くする食事や生活習慣をする必要があります。

 

効果を実感した便秘解消&快便方法

 

が、即効性を期待できておすすめなのが、

 

10分ごろ寝マッサージ

 

やり方は超簡単。

 

うつ伏せに寝転がって、

 

両手をバンザイして10分間ごろごろするというもの。

 

 

両手をばんざいすることで、

 

お腹がべったり平らな地面につき、

 

適度に腸を圧迫することが出来ます

 

 

リラックスしている夜や、

 

腸が活発になる朝にすることをおすすめします。

 

朝と夜に分けて、5分づつ行うのもいいかもしれませんね。

 

 

朝、水を一杯飲んでからすると、

 

腸が活発に動き出し、

 

すっきり出すことが期待できます。

 

 

朝、すっきり出すための方法として、

 

こちらの記事も参考にしていただけたらと思います。

 

便意を催す方法&便を柔らかくして快便になる方法