ダイエット中・便秘対策

【ダイエット中の便秘対策】冷めた白米の意外な効果とは??

ダイエット中になりがちな便秘。

 

食事内容や食べる量の変化によって、

 

腸への影響が出てきます。

 

 

便秘で腸内環境が悪くなると、

 

太りやすい体質になりますから、

 

ダイエットのためにも便秘には気をつけたいところ。

 

【便秘で肥満】便秘で太る原因は腸内のデブ菌にあった!

 

ダイエット中に便秘対策が必要な理由

 

 

ダイエット中に便秘になりやすい理由として、

 

まず食べる量が少なくなることが考えられます。

 

 

特に、食事から炭水化物や甘いものを除く、

 

糖質制限ダイエットをしている方は、

 

どうしても腸で作られる便の量が少なくなります。

 

 

ある程度便の量がないと腸が刺激されず、

 

ぜん動運動(便を肛門へ送る腸の収縮運動)が起こらないので、

 

肛門へ送られず便が腸内にとどまりがちになり、

 

便秘になります。

 

冷めた白米の意外な魅力

 

 

ただ、ダイエット中に米などの炭水化物をとることに抵抗がある、

 

という方もいると思います。

 

そこで、

 

炭水化物の代表とも言える白米の食べ方を変えることで、

 

便秘対策だけでなく、

 

腸内環境を良くする善玉菌の好物になる食べ方があるとしたらどうですか?

 

しかも食べても血糖値も上がりにくいため、

 

ダイエット中に最適です。

 

 

その方法は簡単です。
ぜひ実行してみて下さい。

 

 

それは、炊いた白米を冷まして食べるというもの。

 

白米は、

 

主成分であるデンプンに水を加えて加熱することで、

 

腸で消化されやすくなります。

 

 

ところが、

 

白米を冷ますことにより、

 

デンプンがレジスタントスターチという物質に変わり、

 

腸で消化されにくくなります。

 

 

なんとこのレジスタントスターチという物質は、

 

食物繊維と同じような働きをすることが分かっています。

 

 

つまり、

 

食物繊維と同じように、

 

腸で消化されず善玉菌のえさになり、

 

腸内環境を良くする働き

 

 

また、腸で吸収されないため、

 

血糖値も上がらず、カロリーを抑えることが出来るんです。

 

 

「え?じゃあ食物繊維食べればいいじゃん」

 

と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、しっかり快便を実現する便の量を作るには、

 

食物繊維だけだと、なかなか難しいです。

 

かなりの量食べないと厳しいかと・・・

 

 

最近は野菜の値段も上がっていますからね(汗)

 

ちなみに、

 

冷めた白米を美味しく食べるために、

 

おにぎりがおすすめです。

 

 

ごま塩最高・・・

 

おにぎりは冷めていても美味しいですよね。

 

ダイエット中に便秘になるその他の理由

 

ダイエット中に便秘になる理由として、

 

他にも、

 

ダイエットで運動を取り入れている場合の水分補給不足

 

便秘改善に効果的な水分の摂取方法&どんな水が効くの?

 

激しい運動をすることで腸の働きが低下することによる便秘

 

「ランニングは便秘解消に効く」は大うそ!

 

以上のことも便秘の原因となります。

 

 

効率的に、

 

また健康的に痩せるためにも、

 

腸内環境を良くすることが本当に大切です。

 

 

便秘で腸内環境が崩れると、

 

精神的にも不安定になってしまうとも言われています。

 

【便秘でイライラ】腸内のセロトニン不足でうつ病の危険も!

 

イライラすると無性に食べたくなったりしますから、

 

ストレスにも気をつけたいですね。

 

 

また、すでに慢性的な便秘になってしまっている方は、

 

こちらの記事を参考にしていただけたらと思います。

 

便秘薬に頼りたくない!私が薬以外で便秘解消できた方法