便秘・腸冷え・むくみ・生姜・解消

【便秘&むくみ】腸冷え解消には生姜よりこれが効く!

最近、冷え性の方が女性を中心に多くなっていますが、

 

それと同時に問題となるのが、腸冷えです。

 

実は腸は、体の冷えの影響を受けやすい臓器

 

 

腸が冷えて働きが低下することで便秘体質になりますし、

 

さらに腸冷えは、

 

むくみの原因にもなってしまいます。

 

 

特に女性は、筋肉量が少ないことや、

 

ホルモンバランスの変動などで、

 

体温に影響が出やすいですよね。

 

 

また冬の気温の寒さや、

 

真夏の過度な冷房で体の芯から冷えることも・・・

 

 

しかも夏は冷たい飲み物もたくさん飲みたくなりますし。

 

 

さらに、温度差のストレスで自律神経が乱れ、

 

自律神経が担う体温調節機能が乱れることも原因となります。

 

 

腸冷えの危険だらけですね・・・

 

腸冷えでなぜむくみが?

 

「朝起きると顔がパンパン

 

夜になるにつれて今度は足がむくんで靴がきつい・・・」

 

それ、腸冷えが原因かもしれません。

 

 

 

実は、腸のぜん動運動(便を肛門に送る収縮運動)は、

 

全身のリンパを流す役割もあるんです。

 

 

腸冷えにより腸の働きが低下することで、

 

リンパの流れがとどおってしまいます。

 

 

 

また腸の働き低下により、

 

便と一緒に体外に排出すべき水分が細胞間内に入り込み

 

むくみの原因となってしまうんです。

 

 

便の水分も取られてしまう訳ですから、

 

便も硬くなり、

 

便も滞ってしまいます。

 

 

便秘とむくみの同時進行ですね・・・

 

腸冷えを解消する救世主

 

腸冷えを予防・解消するには、

 

当たり前ですが、意識して腸を温めてあげることが必要になります。

 

そこで、
温かい飲み物を飲むことが効果的です。

 

 

よく体を温める飲み物として、

 

ジンジャー(生姜)ティが知られています。

 

 

が、実はジンジャーティよりも効果があるものが。

 

 

それが、オリーブオイル

 

 

便秘解消に効くものとしてすすめられることが多いのですが、

 

実はオリーブオイルは、

 

保温効果も高いんです。

 

 

 

通常、温かい飲み物を飲んでも、

 

腸に届くには2時間ほどかかります。

 

 

となると、

 

温かい飲み物を飲んでも、

 

温度を保ったまま腸には届かないんですね。

 

 

ここで、温かい飲み物にオリーブオイルを入れて飲むことで、

 

オリーブオイルの油膜が広がり、

 

この薄く広がった油膜により飲み物の温度が保たれたまま

 

腸に届くことでじんわりと冷えをとってくれます。

 

 

 

生姜は保温効果ではなく、

 

血流が良くなることで体温が上昇すると考えられているんです。

 

 

なので、温かい飲み物で腸を直接温めるには、

 

生姜よりもオリーブオイルが効果的なんです。

 

 

温かい飲み物なら何でも、

 

白湯でも味噌汁でも、

 

オリーブオイルを加えればオーケーです!

 

 

なので、ジンジャーティに加えてもすごく良さそうですね(^^)

 

 

また、

 

ココアに入れて飲むのもお勧めです

 

 

ココアにはリグニンという、腸内の善玉菌を増やす成分を含み、

 

また食物繊維も入っていますから、

 

腸を温めつつ腸内環境を整えることができます。

 

 

さらに砂糖の代わりに善玉菌の好物であるオリゴ糖を入れることで、

 

さらなる整腸作用が期待できます。

 

 

 

便秘で入院すると、

 

朝食にココアが出されることが多いそうですよ。

 

それほど腸に良い飲み物なんですね。

 

 

それと大事なこと、

 

オリーブオイルは必ず、

 

エキストラバージンオイルを選んでください。

 

 

エキストラバージンオリーブオイルは、

 

オリーブの実を搾った言わば1番搾り。

 

良質なオリーブオイルです。

 

 

オリーブオイルは他にも、

 

便秘解消・動脈硬化予防にも効果があるので、

 

毎日大さじ2〜3杯を飲むことをおすすめします。

 

 

便秘でしんどい思いをしている方は、

 

こちらの記事も参考にしていただけたらと思います。

 

便秘薬に頼りたくない!私が薬以外で便秘解消できた方法